興信所で過去はどこまでわかる?身元調査・結婚・借金などはどこまで調査できる?

興信所での身元調査について、あなたはどれくらい知っていますか?

興信所に依頼することで、相手の職歴や学歴、婚姻歴や異性関係、人柄や評判など、様々な情報を知ることができます。しかし、一方で過去の借金などの信用情報や差別に繋がる可能性のある情報については調査できない場合もあります。

本記事では、興信所の身元調査でどこまで相手の過去が明らかになるのかについて、詳しく解説していきます。興信所への調査依頼の際には、どのような情報が得られるのかを理解しておくことが大切です。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

目次

興信所で過去はどこまでわかる?探偵会社ができる調査範囲/探偵業法とは?

興信所 どこまでわかる 過去

探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要(警視庁)

https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/tetsuzuki/tantei/tantei_menu/tantei_gaiyo.html

探偵会社ができる調査範囲1・面接による聞き込み

探偵会社ができる調査範囲は広範囲に及びます。その中でも、面接による聞き込みは重要な手法の一つです。興信所が行う聞き込みは、過去の情報や事件の解明に重要な役割を果たします。

探偵会社は、関係者や目撃者との面接を通じて、証言や情報を収集します。まず、被調査者自身に直接会い、話を聞くことで、彼らの関与度や動機、行動パターンなどを明らかにすることができます。また、被調査者の周囲の人々や関係者にもアプローチし、証言を取得することで、事件の全体像を把握することができます。

面接による聞き込みは、探偵会社が信頼性の高い情報を得るために欠かせません。探偵は、話を上手に引き出し、相手の言葉や態度に注意を払いながら、重要な情報を収集します。時には気難しい人物や情報を隠そうとする被調査者に対しても、巧妙な質問やアプローチで情報を引き出すことができます。

ただし、探偵会社が行う聞き込みには法律上の制約があります。探偵業法は、探偵が個人や会社の情報を取得する際に遵守すべきルールを定めています。聞き込みにはプライバシーや個人の権利を守るためのルールがあり、探偵業を行う際にはこれらの法律を遵守しなければなりません。

興信所が行う聞き込みは、調査範囲の一部でありながら、重要な手法です。探偵会社は、面接による聞き込みを通じて、証言や情報を収集し、依頼者に対して正確な報告と解析を提供します。探偵業法を遵守しながら、探偵会社が行う調査範囲は広範であり、さまざまな情報収集手法を用いて事件や問題の解明を行います。

探偵会社ができる調査範囲2・尾行

探偵業界は、過去の調査範囲において非常に専門的なサービスを提供しています。探偵会社は、異なるニーズに応じて幅広い調査方法を用いており、その中には尾行も含まれます。

探偵会社による探偵業法には、法律的な要件と制約があります。探偵は、違法な手段を使わずに合法的な手段で情報を収集する必要があります。探偵会社が実施する調査の範囲は多岐にわたりますが、尾行はその中でも最も一般的な方法の一つです。

尾行は、対象者の行動や習慣を観察するための手法です。探偵は、目標とする対象者に気づかれずに、彼らの行動を追跡します。これによって、密かに証拠を収集することが可能となります。

探偵会社による尾行は、多くの場合、浮気や不正行為の調査に使用されます。ただし、尾行はプライバシーに関わる行為であるため、探偵は法律と倫理に厳密に従う必要があります。尾行の実施には、調査目的と必要な法的許可が必要です。

探偵会社が可能な調査範囲は広く、尾行はその一部です。ただし、探偵業法やプライバシーの権利など、法的制約にも留意しなければなりません。探偵会社が過去にわたってどの程度の情報を調査できるのかは、個別のケースや法的制約によって異なります。

興信所や探偵会社に働くプロフェッショナルは、探偵業界の規約と倫理に熟知しており、適切な手法で調査を行います。過去の情報にアクセスする方法や範囲は、専門家に依頼する際に詳しく話し合う必要があります。

探偵会社ができる調査範囲3・張り込み

探偵会社ができる調査範囲は、驚くべきものです。過去の情報や事件の経緯、人物の行動パターンなど、興信所は驚くべき情報を入手する能力を持っています。特に、張り込みは、探偵の一つの重要なツールです。

張り込みとは、特定の人物や場所を監視することです。興信所は、探偵としての許可を持ち、法に則った方法で張り込みを行います。張り込みの範囲は、おおむね公共の場で行われますが、プライバシーの侵害には注意が払われます。探偵は、依頼者の要望に応じて、張り込みの期間や場所を調整し、最も効果的な情報を収集します。

張り込みには、日中の行動から夜間の活動まで幅広い範囲があります。目的によって異なりますが、一般的には、対象者の行動パターンや人脈、犯罪行為や浮気の証拠を見つけるために行われます。興信所は、高度な技術と監視機器を駆使して、証拠を収集し、依頼者の目的を達成するのです。

探偵会社ができる調査範囲は、張り込みだけではありません。過去の情報や身辺調査、紛争解決、企業の調査など、多岐にわたる能力を持っています。しかし、探偵業は法に縛られており、調査範囲には限りがあります。個人や企業が利用する際には、探偵業法に従い、適切な範囲で情報を提供することが求められます。

興信所の張り込みは、その技術と経験によって、依頼者の目的を果たします。驚くべき情報を発見するために、探偵会社の専門知識とツールを利用しましょう。あなたの目的に合った信頼できる探偵会社を見つけ、情報収集のプロフェッショナルに依頼しましょう。

探偵業の欠落事由(探偵業を営むことができない)とは?

探偵業は、過去の調査や情報収集といった面で非常に頼りにされる存在です。しかし、探偵業を営むことには、法律的な制約や制限が存在します。探偵業法によって定められた欠落事由に該当すると、探偵業を営むことができなくなる可能性があります。

探偵業の欠落事由には、さまざまな要素が含まれています。例えば、犯罪歴のある人物や、公安職員を含む公務員、裁判所や検察庁の職員などは、探偵業を営むことができないことがあります。他にも、法的な規制や不正行為、法律違反がある場合には、探偵業を営むことは禁止されています。

探偵業法は、社会の安全と秩序を守るために設けられています。探偵業は、プライバシーに関わる情報を扱うため、慎重に管理され、適切な手続きや許可を受ける必要があります。これにより、調査の信頼性と個人の権利の保護を確保することが求められています。

興信所や探偵会社は、法律を遵守することが求められます。もし欠落事由に該当する場合、探偵業を営むことはできず、法的な制裁を受ける可能性があります。探偵業を利用する際には、信頼性のある探偵会社を選ぶことが重要です。適切な許可と認識を持った探偵会社に依頼することで、安心してプロの調査を受けることができます。

探偵業の届出制とは?

探偵業の届出制度は、探偵業を営む業者が法的な要件を満たし、公正かつ適切なサービスを提供するための規制制度です。届出制度は、探偵業者が適切な許可を得たり、違法な活動を抑制したりするために重要な役割を果たしています。

探偵業法では、探偵業者は法的な要件を満たし、厳格な基準を守る必要があります。例えば、探偵業者は自社の活動を届け出なければならず、必要な手続きと証明書を提出する必要があります。さらに、探偵業者は探偵業法に基づいて営業しなければならず、プライバシーの侵害や違法な行為を行うことは許されません。

探偵業の届出制度により、業者の信頼性と信用性が保たれ、顧客が安心して利用できる環境が整っています。探偵業者はプロフェッショナルであるため、個人のプライバシーを尊重し、法的な制約の範囲内で調査を行います。これは、探偵業を利用する依頼人にとって重要なポイントです。

探偵業の届出制度は、顧客の権利を守り、公正な事業運営を促進するための重要な制度です。依頼人は、探偵業者が法的な要件を満たしているかどうかを確認することができ、安心してサービスを利用することができます。探偵業法とは、探偵業者の適切な運営と個人の権利の保護を目的とした重要な法律です。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【職歴・学歴】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の職歴や学歴を調査することができる

探偵会社は、依頼主の要望に基づいて相手の身元調査を行います。その中には、職歴や学歴に関する情報を探し出すことも含まれます。興信所の身元調査は、驚くほど詳細な情報を提供することができます。

探偵会社は、職場や学校、公的なデータベースなどから情報を集めることができます。これにより、相手の過去の職歴や学歴に関する情報を明らかにすることができるのです。例えば、過去の雇用履歴やポジション、または学校での成績や学位などが分かることがあります。

こうした情報は、特に採用活動やビジネスパートナーシップの検討において重要な役割を果たします。探偵会社に依頼すると、相手の経歴や能力を正確に評価することができるため、信頼性や信用に基づいた判断を行うことができます。

ただし、興信所の身元調査には法律的な制約があります。個人のプライバシーや情報の保護が重要視されているため、探偵会社は法的な範囲内でのみ調査を行います。個人のプライバシーを侵害することなく、正確な情報を提供することが求められます。

興信所の身元調査は、相手の職歴や学歴の確認に役立つ重要な手段です。ただし、情報の正確性と個人のプライバシーの尊重を考慮する必要があることを忘れずに。探偵会社に相談する際には、法的な制約や倫理規定について注意深く確認することが大切です。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【婚姻歴・異性関係】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の婚姻歴や異性関係を調査することができる

探偵会社や興信所は、依頼者のために様々な情報を調査することができますが、身元調査では相手の過去についての情報を入手することが可能です。婚姻歴や異性関係は、その人の人間関係や行動パターンを知る上で重要な要素です。

興信所は、公的な情報源やプライベートな方法を使って、相手の婚姻歴を調査することができます。結婚届や離婚届を公的な場所で提出した場合、その情報はアクセス可能なデータベースに保存されているため、調査が比較的容易に行われます。また、興信所は人間関係の網を広げており、情報収集のために独自のネットワークを活用することもあります。

異性関係についても、興信所は調査を行う場合があります。これは、異性関係がパートナーシップに与える影響や、相手の人格や価値観について理解するために重要な要素です。興信所は、相手の交友関係やコミュニティ活動を調査し、その情報を元に異性関係を分析します。

しかし、興信所には法的な制限もあります。個人のプライバシーや個人情報の保護に関する法律が存在するため、情報の取得や共有には一定の制約があります。興信所が違法な手段で情報を入手したり、個人情報を不適切に扱ったりすることは違法行為となりますので、その点については極めて慎重に取り扱われるべきです。

したがって、興信所を利用して身元調査を依頼する場合は、合法的な手続きを経ておこない、法律や倫理に反しないようにすることが重要です。パートナーの過去についての情報を知ることは、関係の安定性や信頼性を確認する上で重要な要素ですが、相手への尊重や信頼も大切にすることを忘れないでください。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【人柄・評判】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の人柄や評判を調査することができる

探偵会社や興信所は、身元調査や背景調査において非常に役立つ存在です。これらの専門家は、相手の人柄や評判を詳細に調査する能力を持っています。興信所に依頼することで、相手の過去の経歴や行動パターン、信用度など、多くの情報を入手することが可能です。

探偵会社や興信所の身元調査は、顧客の要求に従って行われます。特定の情報を入手したい場合や、特定の人物のリサーチを希望する場合、探偵会社は自身のネットワークやデータベースを駆使して、詳細な情報を提供してくれます。人物の過去の履歴や社会的なつながり、さらには評判や信用度についても、詳細に調査されます。

ただし、探偵会社や興信所の能力には限界があります。法律や倫理に反する行為や違法な活動には関与しませんし、あくまで合法的な手段で情報を入手します。また、情報の正確性や信頼性についても、完全な保証はありません。探偵会社は、探索と調査を通じて可能な限り正確な情報を入手し、客観的な評価を行いますが、その情報の完全性や信頼性については個々のケースによるものです。

興信所や探偵会社の身元調査は、プライバシーの尊重という重要な原則に基づき行われます。情報の取り扱いには極めて慎重に対応し、法的な要件と法律の範囲内で行動します。身元調査を検討する場合は、信頼できる探偵会社に依頼することが重要です。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所では調査できない過去とは?【借金などの信用情報】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の信用情報を調査することはできない

探偵会社は様々な調査を行いますが、実は相手の信用情報を調査することはできません。探偵は主に、人探しや浮気調査、盗聴器の発見など、個人や法人の問題解決に特化していますが、信用情報の収集や提供は禁止されています。

過去の借金状況や債務の有無、信用情報は一般的には興信所が管理・提供しています。興信所は信用情報を提供するために設立された組織であり、金融機関や企業などは興信所を通じて信用情報を入手しています。ただし、興信所も情報提供には一定の制約があり、必要な情報の提供は個人や企業の法的な要件に基づいて行われます。

探偵会社は主に現場調査や証拠収集などを専門としているため、信用情報の取得は興信所や信用情報機関に委託することが一般的です。探偵が行う調査は主に目撃証言や身辺調査、行動パターンの把握などであり、信用情報の収集には限界があります。

したがって、興信所や信用情報機関に情報提供を依頼することで、借金状況や信用情報を確認することができます。探偵会社に相手の信用情報を調査してもらいたい場合は、興信所との連携が必要になる場合があります。探偵会社に依頼する際には、信用情報の取得の可否について確認しておきましょう。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所では調査できない過去とは?【犯罪歴・逮捕歴】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の犯罪歴・逮捕歴を調査することはできない

探偵会社といえば、多くの人が過去の不正行為や犯罪歴を調査してくれる存在としてイメージするかもしれません。しかし、現実はそれほど簡単ではありません。探偵会社は依頼された範囲でのみ調査が可能であり、犯罪歴や逮捕歴を調査することはできないのです。

探偵会社は法律に基づき、許可を受けて活動しています。そのため、一般的な調査の範囲は身元や素行、浮気調査などに限られています。探偵は、プロの技術や手法を駆使して、特定の人物や情報を追跡し、証拠を収集することを得意としています。しかし、犯罪歴や逮捕歴に関する情報が公になっていない場合、それを探偵が見つけることは非常に困難です。

犯罪歴や逮捕歴に関する情報は、通常は裁判所や警察などの公的機関でしか入手できません。個人のプライバシーを尊重するため、このような情報は一部の特定の人々にのみ開示されます。したがって、興信所や探偵会社は、一般的な調査の範囲内で活動し、犯罪歴や逮捕歴に関する情報を提供することはできないのが現実です。

もし、犯罪歴や逮捕歴に関する情報が必要な場合は、正式な手続きを経て法的な経路をたどる必要があります。例えば、警察や法律事務所に相談し、必要な情報を正式に入手することとなります。個人的な目的のために調査することは法律で禁止されていますので、法に則った手続きを行うことが重要です。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所では調査できない過去とは?【差別に繋がる恐れがあること(特定地域の出身など)】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手が特定地域の出身者であることを調査することはできない

探偵会社は、興信所では調査できない過去の情報を探るために頼りにされることがあります。しかし、特定地域の出身者であるかどうかという情報に関しては、探偵会社の力では限界があります。

特定地域の出身者であるかどうかという情報は、個人のプライバシーに関わる重要な要素です。これが差別や偏見に繋がる恐れがあるため、興信所などの探偵会社はその情報を積極的に調査することは避けています。

探偵会社の主な業務は、浮気や不正行為の調査、紛争解決のサポートなど、さまざまな案件に関わっています。これらの調査においては、法的な制約と倫理観に基づいて行動する必要があります。

特定地域の出身者であるかどうかという情報については、個人の隠私や人権に関わることがあるため、探偵会社は慎重な姿勢をとっています。差別や偏見を助長する可能性がある情報を調査することは避け、個人のプライバシーの保護に努めています。

もちろん、法律に基づいた正当な目的や手続きがあれば、特定地域の出身者であるかどうかという情報は調査することが可能です。ただし、それは個別の場合によりますし、探偵会社もそれに応じて適切な措置を講じます。

探偵会社が担当できない情報であっても、他の方法やアプローチを活用することで、目的を達成できる場合もあります。重要なのは、個人のプライバシーと法的な規制を尊重しながら、適切な調査手法を選ぶことです。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所で相手の過去はどこまでわかる?よくある質問

興信所 どこまでわかる 過去

恋人の身元調査の相場はどのくらいですか?

興信所での身元調査の費用は様々です。調査内容や調査の深さ、難易度、調査に必要な期間や人員などによって費用は大きく変動します。日本国内の一般的な興信所での身元調査の相場は、大まかに言えば数十万円程度となることが多いですが、これはあくまで一般的な例であり、個々のケースによります。

また、大手の興信所や専門性を持つ興信所では、より高額な費用が発生することもあります。その一方で、簡易的な調査を行う小規模な興信所や探偵事務所では、もう少し低価格でサービスを提供している場合もあります。

必要な調査内容や予算に応じて適切な興信所を選ぶことが重要です。また、興信所を選ぶ際には、その興信所が適切な手法を使って調査を行い、個人情報の取り扱いに関する法律を遵守しているかどうかを確認することも必要です。必ず見積もりを取るとともに、契約内容をよく理解した上で契約を結ぶようにしましょう。

身元調査を引き受けてもらえないケースはどのようなものがありますか?

興信所が身元調査を引き受けられないケースにはいくつかのパターンがあります。具体的には以下のような状況が該当します。

  1. 法的な制約
    • 日本の法律では、個人のプライバシーを保護するために様々な制限が設けられています。したがって、法律に抵触する調査や不適切な方法での情報収集を要求された場合、興信所はその調査を引き受けることができません。
  2. 依頼内容の不適切性
    • 調査対象者への嫌がらせやストーキング、違法行為などを目的とした依頼については、興信所は引き受けることができません。また、調査依頼の目的が明確でない、または十分な理由が提供されていない場合も同様です。
  3. 調査能力の限界
    • 調査内容が興信所の能力を超えていたり、調査のリスクが高すぎる場合も引き受けることは難しいでしょう。また、国際的な調査が必要な場合、その興信所が国際的なネットワークを持っていない場合、調査を引き受けられない可能性があります。
  4. 他の倫理的・道徳的な問題
    • 依頼者が調査対象者の人権を侵害する可能性がある場合や、調査結果が悪用される可能性がある場合なども、興信所が調査を引き受けられないケースとなります。

これらのケースは一部の例であり、興信所や調査依頼の詳細によっては他にも引き受けられないケースが存在するかもしれません。具体的な依頼内容については、直接興信所に相談してみることをお勧めします。

探偵に身元調査をしていることがバレるリスクはありませんか?

興信所や探偵事務所が身元調査を行う際は、依頼者の情報が漏洩しないように細心の注意を払うことが基本的な業務エチカとなっています。プロの探偵は、依頼者の情報や調査行為そのものが対象者に知られないよう、慎重に行動します。

しかし、100%の保証をすることは難しいです。なぜなら、調査中に偶然対象者と遭遇したり、対象者が自身が調査されていることに気付いたりする可能性は常に存在します。しかし、そのような場合でも、プロの探偵は依頼者の情報を絶対に明かすことはありません。

また、調査に当たっては法律を遵守する必要があります。たとえば、ストーキング行為やプライバシー侵害となる行為は違法ですので、探偵がこれらの行為をすることはありません。

一方、不正を働く興信所や探偵事務所も残念ながら存在しますので、事前にその評判や信頼性を確認することが重要です。また、契約を結ぶ前に秘密保持に関する条項が契約書に明記されているか確認することをお勧めします。

旦那が浮気をしているようです。浮気調査のためにGPSアプリを仕掛けても違法にはなりませんか?

日本の法律の観点から見ると、無断でのGPS追跡は慎重さが必要となります。配偶者であっても、個人のプライバシーを尊重する必要があり、その人の行動を無断で追跡する行為はプライバシー侵害となり、法律に違反する可能性があります。

具体的には、通信の秘密を侵害する行為(電気通信事業法第4章)や、個人情報の保護に関する法律、憲法に定められた居住の自由といった法律や権利を侵害する可能性があります。これらの行為は罰せられる可能性があるため、法律や規制を理解した上で行動することが重要です。

浮気疑惑がある場合、合法的に証拠を集めるためには専門的な知識と経験を持つ興信所や探偵事務所に依頼することをお勧めします。彼らは法律の範囲内で調査を行い、必要な証拠を収集することが可能です。また、証拠が正当な方法で収集されたかどうかは、将来的に法的な問題(離婚訴訟など)になった場合に重要となることも覚えておきましょう。

 LINE監視アプリで旦那の浮気調査はできますか?

日本の法律では、他人の個人情報を無断で取得することは厳しく制限されています。これは配偶者であっても例外ではありません。したがって、旦那のLINEを監視するアプリを無断でインストールすることは、通信の秘密を侵害する可能性があり、電気通信事業法や個人情報保護法、憲法に定められたプライバシーの権利を侵害する恐れがあります。

また、他人のSNSアカウントを無断で覗く行為は、不正アクセス禁止法に違反する可能性があります。この法律は他人のIDやパスワードを使ってコンピューターに不正にアクセスする行為を禁じており、違反した場合は刑事罰が科せられる可能性があります。

もし浮気の疑惑があるのであれば、適法に証拠を収集するためには専門の興信所や探偵事務所に依頼することが望ましいです。専門の探偵は法律を遵守しながら調査を行い、必要な証拠を収集することができます。

彼氏の浮気チェック(浮気調査)におすすめのアプリはありますか?

実際に彼氏の浮気を調査するためのアプリを推奨するのは難しいです。なぜなら、無断での行動の追跡や通信の監視はプライバシーの侵害にあたり、多くの場合法的に問題があるからです。したがって、このような目的で使用するアプリケーションの使用は、通常、倫理的にも法的にも推奨されません。

浮気疑惑がある場合、直接話し合うか、または法律の範囲内で証拠を収集できる専門の探偵事務所や興信所に依頼することを考えてみてください。

それに対して、パートナーシップのコミュニケーションや信頼を深めるためのアプリは数多く存在します。それらはカップルのための日記アプリ、共有カレンダー、カップル専用のチャットアプリなどがあり、お互いの理解を深め、コミュニケーションを円滑にすることを目的としています。これらは信頼関係を築く一助となるかもしれません。

それでもなお、浮気の疑念が晴れない場合、カウンセラーや心理療法士と話し合うことを検討してみても良いでしょう。彼らは個々の状況や感情を理解し、適切なアドバイスやガイダンスを提供できます。

旦那が浮気しているようです。車に仕掛けたGPSは浮気の証拠になりますか?

配偶者の浮気疑惑に関して、GPSを用いた追跡については法的に非常にデリケートな問題です。確かに、配偶者の車にGPSを取り付けて動きを追跡することで、その人がどこに行っていたのか、何をしていたのかを把握することが可能となるかもしれません。しかしながら、このような行為はプライバシーの侵害となり得るため、無断で行うと法律違反となる可能性があります。

また、証拠としての価値についても注意が必要です。GPSによる追跡だけでは、その場所で何をしていたのか、誰と会っていたのかという具体的な行動を明らかにすることは難しいです。そのため、GPSのデータだけを証拠として提出したとしても、それが浮気の証拠として十分な効力を持つかは不確定です。

このような状況下では、浮気調査を専門とする探偵事務所や興信所への依頼が一般的には推奨されます。彼らは法律を遵守しながら必要な証拠を収集し、依頼者を法的なリスクから守ることができます。

なお、具体的な手段については専門の法律家に相談することをお勧めします。この情報は一般的なものであり、具体的な法的アドバイスを提供するものではありません。

旦那の浮気調査を興信所に依頼しようと思います。旦那の過去がどこまでわかるのでしょうか?

興信所や探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、通常、その対象者の過去の情報を詳細に調査するのは困難です。主に現在の行動パターンや生活状況についての情報収集と監視が中心となります。

過去についての情報を集めることは、その人の同意なく行うとプライバシーの侵害となり、法律に違反する可能性があります。たとえば、学歴や職歴、過去の犯罪歴などの情報は、公的な記録やデータベースからも通常はアクセスできません。

しかし、対象者の公的な活動については一定の情報が得られる場合もあります。例えば、対象者が企業の役員である場合、企業の公的な記録からその情報を確認することは可能です。また、対象者が過去にマスメディアに取り上げられたことがある場合、その情報も利用可能です。

それでも、過去の具体的な行動や生活状況、特にプライベートな事項を調査することは難しいです。そのような情報を得るためには、対象者本人や関係者からの直接的な証言が必要となります。

依頼する前に、具体的にどのような情報が必要なのか、どの程度の情報を期待できるのかを探偵事務所や興信所に相談することをお勧めします。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

匿名OK、通話無料、365日24時間受付中

↑目次に戻る

興信所の相手の過去はどこまでわかる?まとめ

興信所や探偵事務所による身元調査では、相手の過去についてある程度の情報を得ることが可能です。具体的には、職歴や学歴、婚姻歴や異性関係、人柄や評判など、相手の過去に関する情報を調査することができます。ただし、興信所では調査できない過去もあります。例えば、借金などの信用情報や特定地域の出身など、差別に繋がる恐れのある情報については、興信所の調査範囲外となります。また、探偵業法にも基づいて調査が行われるため、法律上調査できない過去については注意が必要です。

興信所による身元調査は、相手の過去について一定の情報を得ることができますが、完全な情報を提供することはできません。調査内容や費用などは相談しながら決める必要があります。興信所の調査範囲や探偵業法について事前に確認し、信頼できる探偵事務所を選ぶことが重要です。また、調査を依頼する際には、法律や倫理に則った方法で行われることを確認しましょう。

興信所や探偵事務所による身元調査は、適切な範囲で行われることで相手の過去について一定の情報を提供してくれます。ただし、調査の目的や法律上の制約によって、調査できない過去も存在します。信頼できる探偵事務所を選び、相談しながら適切な調査を依頼しましょう。

\ HAL探偵社の浮気診断シミュレーター /

相談が解決の第一歩!まずは無料でご相談ください。

↑目次に戻る

興信所で過去はどこまでわかるの?

浮気調査にかかる期間はどれくらい?

浮気の疑いが生まれたとき、調査期間や費用に関して疑問が湧きますよね。この記事では、浮気調査に必要な平均期間や調査費用、さらに期間を短縮する方法について詳しく解説しています。安心して読み進めてください。

1ヶ月の浮気調査にかかる費用は?

恋人や配偶者の行動に不審な兆候があると、浮気の疑念が生まれます。しかし、浮気調査にかかる費用についての情報は重要です。この記事では、浮気調査1ヶ月の費用に関する詳細な内訳や相場、コストを抑える方法を紹介します。安心して読み進めてください。

探偵に即日依頼できるのか?

パートナーの行動に疑念を抱いていますか?この詳細なガイドでは、信頼できる探偵社の選び方と、即日浮気調査の依頼方法を紹介します。浮気の証拠を確実につかみ、心の平穏を取り戻しましょう。今すぐ行動を!

浮気調査するときの探偵の選び方

浮気調査の探偵選びで失敗しないための完全ガイド。専門家のアドバイスから、探偵社の質を見極める具体的なステップまで、浮気調査の成功へ導きます。

↑目次に戻る

おすすめの探偵事務所を紹介します

\探偵選びに「失敗したくない」なら、まずは無料相談! /

  • 街角相談所は全国100社以上の優良探偵社と提携しており、相談者のニーズに最適な探偵社を紹介してくれます​。
  • 通常の調査費用よりも20〜40%低い料金で探偵社を紹介してくれるため、コストを抑えながら信頼性の高い調査サービスを利用することができます​。
  • 相談料・紹介料は一切発生せず、何度でも気軽に相談できるので、安心してプロのアドバイザーに相談することができます​。

全国のおすすめ探偵業者の一覧

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

↑目次に戻る

目次